日本セイルトレーニングスクール

EQって何?

IQが「知能の高さ」を数値として捉える指数ということは多くの人に知られていますが、「心の豊かさ」を数値として捉えるEQ(Emotional Intelligence Quotient:心の知能指数)は、日本国内ではまだあまり普及していません。

半世紀前には提唱されていたEQの概念ですが、これまであまり知られることはありませんでした。しかし、1980年代後半からアメリカの新聞や雑誌を中心に紹介されはじめ、1997年にEQJapanがEQを定量的に測定する手法(EQI)を開発し、これを元にした診断検査を行うようになってから、人材育成の場で「人間力」を伸ばすための判断材料として特にビジネスの世界で脚光を浴びるようになりました。

最近ではEQという概念の重要性に気付いた日本の学校や塾などの教育現場でも、EQ教育を導入する機会が少しずつ増えてきています。

EQは、自分や他人の感情を正確に読み取り、その感情を上手に利用し、他人の心に働きかけるために自分の感情を上手に調整していく能力とも言えます。

私たちは、EQには下記のような特徴がありセイルトレーニングにより青少年が伸ばす能力として着目し、EQをベースとしたコンピテンシー(行動特性)を測定するスケールとして設定しました。
・ EQは教育やトレーニングによって開発可能な能力である
・ EQが高いほど社会生活に柔軟に適応できる
・ 航海での共同作業・共同生活により社会適応能力を伸ばしやすい

私たちは、こどもから大人へと成長してゆく10代後半の青少年を中心にEQという視点から「自分の感情」を客観的に捉えプラスの方向へ導く手助けをすると同時に、「他人の感情」をも尊重し仲間を思いやる自分の中の優しい気持ちに気付くことのできる場としてセイルトレーニング体験の機会を提供していきたいと考えています。

他者との関係が希薄化し、仲間とのつながりを感じにくい社会の中で、EQという視点から「心の内面」を客観的に捉え理解することによって、心の成長に関心を持つ青少年を一人でも増やしていきたいと考えています。

コンピテンシー測定結果

| 当サイトのプライバシーポリシー | 運営事務局 |